貸す際の注意点

マンションを貸す方法として、最も一般的で多いのが不動産会社に依頼するというものです。入居募集もその後の管理も行ってくれるため、貸す側の負担が少ないのも不動産会社のメリットと言えます。ただ、注意すべき点もいくつかあり、借り手とのトラブルに繋がる恐れもありますから、そこはしっかりと押さえてください。

まず契約形態です。例えば、貸す側つまり大家がそのマンションに後々戻ってくるのか、あるいはずっと貸し出すのかで契約が変わってきます。転勤などで空いた部屋を貸し出すという場合、定期借家契約となり期間を決めての賃貸となります。ただ、転勤が想定よりも早く終わった場合、大家は自分の家でありながらそこには住めなくなってしまいます。逆に、これから住む予定がないのであれば普通借家契約でいいでしょう。

家賃は月々納めてもらうものですが、中には滞納する人もいます。こういった場合に備えて、保証人を立ててもらってください。また、火災保険も借家人賠償責任特約のついたものに加入してもらいましょう。他にも敷金や礼金、退去時の原状回復など様々な問題があります。大家としては分からないことだらけですし、なかなか手が回らないこともあります。不動産会社とこまめに連絡を取りながら、よく相談して決めるのがいいでしょう。

ue reading »',

賃貸までの流れ

さて、こうして候補の不動産会社が決まったら、次にすべき手順は無料の賃貸査定です。所有しているマンションを貸し出す場合、まずはその価値を調べる必要があります。どの不動産会社でも無料の賃料査定をしてくれますから、そのサービスを利用して、それぞれの不動産会社を比べてみるのです。その際、簡易査定で大まかな賃料を査定してもらい、その結果を見て良い条件のところを絞り込み、その上で詳細査定という流れがいいでしょう。

こうして具体的な賃料が算出されるわけですが、もちろん高い賃料査定のところもあるでしょう。しかし、借り手からするとより安い賃料のほうがいいわけです。ただ、安い賃料だと、借り手はすぐに見つかりますが、貸す側とすれば収支が合わなくなる危険があります。周りの物件と照らし合わせて、適正な額を提示してくれた不動産会社を選ぶといいでしょう。

こうして不動産会社が決まれば、次は部屋の準備です。私物の撤去し、水道・ガス・電気が使える状態にした上で、清掃会社に入ってもらいクリーニングをします。必要がある場合、リフォームも考えたほうがいいでしょう。そして、万が一のために火災保険に加入しておくことを忘れてはいけません。マンションを貸す方法としては、こういった方法が一般的と言えるでしょう。

ue reading »',

不動産会社の選び方

分譲マンションを所有している人が、そのマンションを第三者に貸そうと思っている場合、考えられる理由としては次のようなものがあります。例えば、「転勤が決まってしまった」「一戸建てを買った」、そして「相続したけれど、今は住む予定がない」という場合などが考えられます。部屋は住む人がいなければ、どんどんと傷んでいくものです。貸し出すのなら、なるべく早く借り手を見つける必要が出てきます。では、所有しているマンションを誰かに貸し出すにはどうすればいいのでしょう。

マンションを賃貸物件として貸し出す場合、一般的には不動産会社に依頼することになります。その際、ネットや電話帳で調べれば、その地域を管轄している不動産会社はすぐに見つけられます。ただ、どの不動産会社でもいいということではありません。不動産会社にも得手不得手があるからです。

分譲マンションを賃貸に出すときに選ぶべき不動産会社は、賃貸系の会社となります。不動産会社には、売買専門の会社や管理専門のところがあります。こういったところは賃貸に関しては、少し不得手となりますので避けたほうがいいのです。ただ、そのときいきなり一つに絞るのではなく、何社か候補を選んで、後から決めるようにしてください。

ue reading »',

マンションを賃貸に

所有するマンションを手放そうとする場合、そこにはいくつかの理由があります。転勤が決まったり、新たに家を新築したということもあるでしょう。また、親から相続した場合なども考えられます。こういったマンションを賃貸物件として出す場合、どういった方法がいいのでしょう。このサイトでは、マンションを貸す方法について説明します。

何らかの理由でマンションを第三者に貸し出す場合、やはり不動産会社に依頼するのがいいでしょう。ただ、不動産会社も売買が得意なところ、あるいは管理だけを行っているところなどがあります。つまり、賃貸物件として貸すのなら賃貸専門の不動産会社にするべきです。その際、不動産会社の候補を何件か挙げておきましょう。その中から、無料賃料査定などで比較して絞り込んでいくのです。こうして、不動産会社が決まれば次に行うのが、部屋の整理です。

荷物を撤去し、クリーニング、水光熱の復旧、必要であればリフォームをしてください。こうして、貸し出すわけですが、問題点がいくつかあります。まずは、賃貸の期間です。転勤などでいずれそこへ戻ってくる予定がある場合、定期借家契約にして期間を区切る必要があります。逆にそこへ住む予定がないのであれば、普通借家契約でいいでしょう。他には、保証人や保証会社、火災保険、敷金や礼金の問題があります。大家として、そこまで手が回らないでしょうが、こういったことは不動産会社とよく相談してしっかりと決めてください。ここを怠ると後々の大きなトラブルに繋がっていくので気を付けてください。

ue reading »',