不動産会社の選び方

分譲マンションを所有している人が、そのマンションを第三者に貸そうと思っている場合、考えられる理由としては次のようなものがあります。例えば、「転勤が決まってしまった」「一戸建てを買った」、そして「相続したけれど、今は住む予定がない」という場合などが考えられます。部屋は住む人がいなければ、どんどんと傷んでいくものです。貸し出すのなら、なるべく早く借り手を見つける必要が出てきます。では、所有しているマンションを誰かに貸し出すにはどうすればいいのでしょう。

マンションを賃貸物件として貸し出す場合、一般的には不動産会社に依頼することになります。その際、ネットや電話帳で調べれば、その地域を管轄している不動産会社はすぐに見つけられます。ただ、どの不動産会社でもいいということではありません。不動産会社にも得手不得手があるからです。

分譲マンションを賃貸に出すときに選ぶべき不動産会社は、賃貸系の会社となります。不動産会社には、売買専門の会社や管理専門のところがあります。こういったところは賃貸に関しては、少し不得手となりますので避けたほうがいいのです。ただ、そのときいきなり一つに絞るのではなく、何社か候補を選んで、後から決めるようにしてください。