マンションを賃貸に

所有するマンションを手放そうとする場合、そこにはいくつかの理由があります。転勤が決まったり、新たに家を新築したということもあるでしょう。また、親から相続した場合なども考えられます。こういったマンションを賃貸物件として出す場合、どういった方法がいいのでしょう。このサイトでは、マンションを貸す方法について説明します。

何らかの理由でマンションを第三者に貸し出す場合、やはり不動産会社に依頼するのがいいでしょう。ただ、不動産会社も売買が得意なところ、あるいは管理だけを行っているところなどがあります。つまり、賃貸物件として貸すのなら賃貸専門の不動産会社にするべきです。その際、不動産会社の候補を何件か挙げておきましょう。その中から、無料賃料査定などで比較して絞り込んでいくのです。こうして、不動産会社が決まれば次に行うのが、部屋の整理です。

荷物を撤去し、クリーニング、水光熱の復旧、必要であればリフォームをしてください。こうして、貸し出すわけですが、問題点がいくつかあります。まずは、賃貸の期間です。転勤などでいずれそこへ戻ってくる予定がある場合、定期借家契約にして期間を区切る必要があります。逆にそこへ住む予定がないのであれば、普通借家契約でいいでしょう。他には、保証人や保証会社、火災保険、敷金や礼金の問題があります。大家として、そこまで手が回らないでしょうが、こういったことは不動産会社とよく相談してしっかりと決めてください。ここを怠ると後々の大きなトラブルに繋がっていくので気を付けてください。