貸す際の注意点

マンションを貸す方法として、最も一般的で多いのが不動産会社に依頼するというものです。入居募集もその後の管理も行ってくれるため、貸す側の負担が少ないのも不動産会社のメリットと言えます。ただ、注意すべき点もいくつかあり、借り手とのトラブルに繋がる恐れもありますから、そこはしっかりと押さえてください。

まず契約形態です。例えば、貸す側つまり大家がそのマンションに後々戻ってくるのか、あるいはずっと貸し出すのかで契約が変わってきます。転勤などで空いた部屋を貸し出すという場合、定期借家契約となり期間を決めての賃貸となります。ただ、転勤が想定よりも早く終わった場合、大家は自分の家でありながらそこには住めなくなってしまいます。逆に、これから住む予定がないのであれば普通借家契約でいいでしょう。

家賃は月々納めてもらうものですが、中には滞納する人もいます。こういった場合に備えて、保証人を立ててもらってください。また、火災保険も借家人賠償責任特約のついたものに加入してもらいましょう。他にも敷金や礼金、退去時の原状回復など様々な問題があります。大家としては分からないことだらけですし、なかなか手が回らないこともあります。不動産会社とこまめに連絡を取りながら、よく相談して決めるのがいいでしょう。